No.17015 キンシバイ喫食による食中毒

[ 概要報告 ] 分野名:自然毒等による食中毒
衛研名:長崎県環境保健研究センター
登録日:2017/09/29
最終更新日:2018/03/23
事例発生日:2015/11/06
事例終息日:2015/11/09
キーワード:キンシバイ、テトロドトキシン、巻貝
原因物質:テトロドトキシン
患者被害報告数:1名
死亡者数:0名
発生地域:長崎県松浦市鷹島町

概要:
長崎県県北保健所及び佐賀県伊万里保健福祉事務所の調査で、患者は、11 月6 日(金)午後1時から2 時頃にかけ、昼食として自らが採取した巻貝を自宅で喫食したところ、午後2時30 分頃から口唇のしびれ、下肢の脱力、嘔吐の症状を呈し、午後3 時頃、松浦市立鷹島診療所に救急搬送されたのち、ただちに佐賀県内の医療機関に移送された。
患者が喫食した巻貝の残品、患者血液等から動物性自然毒であるテトロドトキシンが検出されたことから、キンシバイ(巻貝)を喫食したことによる食中毒と断定した。