消化管感染症 – Infectious enterocolitis(サマリー)

  1. 病原体の特徴
    • 細菌
      • グラム陰性桿菌(特に腸管出血性大腸菌・チフス菌・パラチフスA菌・コレラ菌に注意)
    • ウイルス
      • 消化管寄生ウイルス
    • 寄生虫
      • 消化管寄生の寄生虫(特に原虫類)
  2. 感染経路
    • 経口感染:細菌、ウイルス、原虫のシスト・オーシスト
  3. 臨床症状
    • 下痢、血便、腹痛、悪心、嘔吐、発熱
  4. 検体の種類および採取法
    • 便、吐物、血液
    • カップに便を採取し直ちに細菌培養検査、ウイルス検査、寄生虫検査へ
    • キャリーブレア培地に採取し細菌培養検査へ
    • 吐物をカップに採取しウイルス検査へ
    • 発熱があればカルチャーボトルに採血し、細菌培養検査へ
  5. 治療の要点
    • 細菌感染症で、必要があれば抗菌薬を投与する。成人ではニューキノロン薬、小児ではホスホマイシンを経口投与する
    • 脱水に注意し、経口補液を、さらに不充分なら経静脈的に補液を行う
    • 寄生虫によるもので必要があれば抗寄生虫薬を経口投与する

2009年11月05日 12時21分 改訂