チクングニヤ熱(詳細)

病原体の特徴

トガウイルス科アルファウイルス属に分類されるチクングニヤウイルスが病原体であり、ネッタイシマカやヒトスジシマカにより媒介される。疫学的特徴としては、アフリカ、南アジア、東南アジアを中心に認められる1)。

▲TOP

主な臨床像

潜伏期間は2~12日であるが、多くは3~7日である。不顕性感染もあるが、その頻度は不明である。発熱、頭痛、倦怠感、嘔気、嘔吐、筋肉痛、発疹、関節痛が主な症状である。急性期の有熱期間はフラビウイルス科の疾患であるデング熱やウエストナイル熱と同様2、3日~2、3週間である。中には倦怠感が数週間持続することもある。 また、生活に支障が出る程度の関節痛や関節炎が数週から数ヶ月間遷延することがあり、この遷延する関節症状はデング熱では見られない。関節痛は80%以上で認められ、四肢に強く、対称性であり、頻度は手首、足首、指趾>膝>肘>肩の順に多く、数ヶ月から数年にかけて関節痛が遷延することがある2,3,4)。発疹は40-50%で認められる3)。チクングニヤ熱に伴う死亡は稀とされている。これまで、本邦では2006年に本邦では第1例が報告され5)、これまでに14例(2009年12月4日現在)の症例が報告されているが、デング熱の流行地域と重複しており、鑑別が難しく、デング熱と診断されている症例も少なくないと考えられており、実際の感染者数は報告数より多いと推定される7)。

▲TOP

臨床検査所見

急性期では、白血球減少、血小板減少、肝酵素上昇などが認められるが、デング熱に比べて軽微であることが多く、14日以上経過した症例では、血液検査では異常を認めなかったと報告されている6)。

▲TOP

確定診断

流行地域への渡航歴と潜伏期間、および現地での流行状況などの病歴と臨床症状を伴う際に考慮する。
検査は急性期に血清からのウイルス分離、RT-PCRによる遺伝子検出、およびIgM、IgGの抗体検査が行われる。
RT-PCRは病初期のウイルス血症を呈している時期である、発病から0-7日の時期が有効でありる。急性期の診断として、IgMは平均的には2日後から陽性となる。IgMは数週から3ヶ月後まで陽性が持続する。一方IgGは15日後から数年にかけて陽性が持続するため、発病時の抗体価との比較による上昇で診断する。IgM,IgGはデング熱やオニョニョ熱などのほかのアルファウイルスとの交差反応による疑陽性もありうる3)。
迅速診断キットがStandard Diagnostics, Inc(韓国)より発売(日本国内では未承認)されており、IgMキャプチャーELISA法との比較では感度97.1%、特異度93.9%とされている8)。

治療

安静、輸液、アセトアミノフェンなどによる対症療法が中心となる。アスピリンの使用は避ける。

▲TOP

予防(ワクチン)

現段階ではされているワクチンはない。しかし、米国陸軍研究所を中心にphaseⅢの臨床研究が行われている3)。

▲TOP

バイオハザード対策

防蚊対策が中心である。現在日本国内では輸入症例のみであるが、媒介するネッタイシマカは分布していないものの、ヒトスジシマカは沖縄から秋田、岩手県まで分布しており、罹患者の周囲にウイルスが伝播する可能性は否定できない。 従って、渡航歴などから本症例の可能性が極めて低い集団で多発した場合は、媒介となる蚊などを含めた調査が必要となる。また、感染者は最初の数日は蚊に刺されないように防御することが望ましい。

▲TOP

感染症法における取り扱い

感染症法ではチクングニヤ熱は指定されていない。

▲TOP

参考文献

  1. CDC,2008, http://www.cdc.gov/ncidod/chikungunya
  2. 高崎智彦:チクングニヤ熱.感染症の話, IDWR, 2007, 19
  3. Gilles Pialoux: Chikungunya, an endemic arbovirosis. Lancet infect Dis. 2007;7:319-27
  4. 国立感染症研究所 ウイルス第1部, 2009, http://www.nih.go.jp/vir1/NVL/Aiphavirus/Chikungunyahtml.htm
  5. 水野泰孝:遷延する関節痛より確定診断に至ったチクングニヤ熱の本邦発症例. 感染症学雑誌, 2007, 81(5), 600-601
  6. Winfried Taubitz: Chikungunya Fever in Travelers: Clinical Presentation and Course. Clin Infec Dis. 2007;45:e1-4
  7. 国立感染症研究所, チクングニアQ&A, http://idsc.nih.go.jp/disease/chikungunya/aboutQA/about.html
  8. Standard Diagnostics, Inc. SD ChikungunyaIgM description. 2008
  9. 東京都新たな感染症対策委員会, チクングニヤ熱, 東京都感染症マニュアル2009, 東京都福祉保健局, 2009, 284-285

▲TOP

2012年07月06日 15時46分 改訂