輸入食品に対する検査命令の実施(ミャンマー産ごまの種子、その加工品)

参照元URL : http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=243409

平成30年5月11日
【照会先】
医薬・生活衛生局
食品監視安全課
輸入食品安全対策室
室         長 梅田 浩史
室  長  補  佐 飯塚 渉
(代表電話) 03(5253)1111(内線 2496)
(直通電話) 03(3595)2337

報道関係者各位

 

 

輸入食品に対する検査命令の実施

 

 

(ミャンマー産ごまの種子、その加工品)

 

本日、以下のとおり輸入者に対して、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令(輸入届出ごとの全ロットに対する検査の義務づけ)を実施することとしたので、お知らせします。

対象食品等 検査の項目 経 緯
ミャンマー産ごまの種子及びその加工品(ごまの種子を30%以上含有するものに限る。) アフラトキシン 検疫所におけるモニタリング検査の結果、ミャンマー産生鮮ごまの種子からアフラトキシンを検出したことから、検査命令を実施するもの。

 

 

<アフラトキシンについて>

発がん性を有するカビ毒(アスペルギルス属の真菌により産生される)の一種 。

<違反の内容>

1.品名:生鮮ごまの種子

輸入者:兼松 株式会社
輸出者:DIAMOND ARROW GENERAL TRADING CO.,LTD.
届出数量及び重量:450 バッグ、17,880.00 kg
検査結果:アフラトキシン 11 μg/kg検出 (基準:含有してはならない)
届出先:横浜検疫所
日本への到着年月日:平成30年3月27日
違反確定日:平成30年5月2日
貨物の措置状況:全量保管中

参考 : ミャンマー産ごまの種子の輸入実績(平成29年4月1日から平成30年5月2日まで:速報値)
年度 届出件数 届出重量(トン) 検査件数* 違反件数
平成29年 218 12,235 45 0
平成30年 22 697 6

* アフラトキシンに係る検査