中華人民共和国湖北省武漢市における原因不明肺炎の発生について(第4報)

参照元URL : https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=Y53g1m2UnUaqCiDxY

【照会先】
健康局 結核感染症課
感染症情報管理室長
梅田 浩史(内線2389)
課長補佐 加藤 拓馬 (内線2373)
主査 柳川 愛実 (内線2932)
(代表電話) 03(5253)1111
(直通電話) 03(3595)2257

報道関係者各位

中華人民共和国湖北省武漢市における原因不明肺炎の発生について(第4報)

中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、原因となる病原体が特定されていない複数の肺炎の発生が報告されており、必要な情報の収集・公表を行っているところです。
1月14日現在の状況及び厚生労働省の対応についてお知らせします。(1月11日~13日にかけて武漢市やWHO等から発表された内容を踏まえ、第3報から下線部分を更新しました。
新型コロナウイルスに関連している患者から、1例の死亡例が報告されました。タイから報告された感染者については、詳細が不明なため、引き続き情報収集を継続しております。その他の感染経路や疫学情報については、新たな所見はみられていません。

1.本疾患について
・感染経路:不明。ヒト-ヒト感染の明らかな証拠はない。また、医療従事者における感染例も確認されていない。
・発生場所の疫学的な特徴:海鮮市場(華南海鮮城)と関連した症例が多い。当該海鮮市場は、野生動物を販売している区画もある。現在は閉鎖中。
・病原体診断の現状:中国武漢市において入院中の肺炎患者の検体から、遺伝子配列解析により新型コロナウイルス*が同定されており、中国当局によって暫定的に本疾患の原因と判断されている。今後、中国において当該ウイルスの病原性の同定や疫学調査、臨床症状等について専門家による検討・評価が行われる予定である。

*(参考)コロナウイルスとは
人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスである。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られているが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまる。
詳細は感染症研究所の情報ページを参照されたい。
国立感染症研究所 ヒトに感染するコロナウイルス: 
https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-2020-01-10-06-50-40/9303-coronavirus.html

2. 患者の発生状況について(国立感染症研究所まとめ)
中国で原因不明肺炎と報告された59例のうち、1月12日現在、新型コロナウイルスによる肺炎と暫定的に診断されている患者は41例(うち7例が退院、6例が重症、1例が死亡*)。
疫学調査によると、患者の発症日は昨年12月8日~1月2日で、1月3日以降、中国において新たな患者は確認されていない。
(*死亡例は61歳、男性。既往歴として腹部腫瘍と慢性肝疾患があった。日常的に同海鮮市場で買物をしていた。呼吸不全と重症肺炎で入院し、1月9日に死亡した。
死亡時の診断は重症肺炎、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)、敗血症、多臓器不全、酸塩基平衡異常、肝硬変。直接の死因は呼吸循環不全。)
当該疾患の患者の症状は、発熱、全身倦怠感、乾いた咳。入院患者では呼吸困難も多い。入院時のバイタルサインは比較的安定している。
1月13日のタイ政府からの発表によると、1月8日にタイに入国した中国人旅行者から当該ウイルスが確認された。患者の容態は回復している。その他、香港、シンガポール、台湾等で武漢市から渡航した者の発熱の報告があがっているが、既に他の原因(病原体)が明確になった事例も多く、本疾患との因果関係が明らかになったものはない。

3. 厚生労働省の主な対応
中国からウイルスの遺伝子配列情報が公開されたことを踏まえ、国立感染症研究所で検査方法を準備中
国立感染症研究所と国立国際医療センターにおいて、医療機関における対応と院内感染対策に関する情報を提供 https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-2020-01-10-06-50-40/9305-coronavirus-2.html
・空港等の検疫ブースにおけるポスターを用いた武漢市からの帰国者及び入国者に対する自己申告の呼びかけ PDF20200115104444_content_10900000_000582923.pdf
・厚生労働省検疫所ホームページ「FORTH」における、渡航者への注意喚起
https://www.forth.go.jp/topics/20200106.html
・帰国者に対する現行の検疫体制の継続(日本への入国者に対し、サーモグラフィー等を用いて、発熱等の症状がないか確認を実施)
・自治体及び関係機関に対し、原因が明らかでない肺炎等の患者に係る、国立感染症研究所での検査制度(疑似症サーベイランス)の適切な運用について依頼
PDF20200115104445_content_10900000_000582709.pdf

日本では、これまで上記肺炎と関連する患者の発生の報告はありません。武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、医療機関を受診していただきますよう、御協力をお願いします。なお、受診に当たっては、武漢市の滞在歴があることを申告願います。

厚生労働省では、引き続き必要な情報の収集に努めるとともに、適宜必要な対応を行ってまいります。

(参考)
・中国における原因不明肺炎について(世界保健機関(WHO)Disease Outbreak News):
https://www.who.int/csr/don/05-january-2020-pneumonia-of-unkown-cause-china/en/
・海外感染症発生情報 原因不明の肺炎-中国(厚生労働省検疫所HP FORTH):
https://www.forth.go.jp/topics/20200106.html
・中国湖北省武漢市における非定型肺炎の集団発生に係る注意喚起について(事務連絡):
PDF20200115104445_content_10900000_000582709.pdf
・中国武漢市における肺炎の集団発生に関するWHOの声明(世界保健機関(WHO):
https://www.who.int/china/news/detail/09-01-2020-who-statement-regarding-cluster-of-pneumonia-cases-in-wuhan-china
・武漢市衛生健康委員会からの原因不明肺炎に関する報告書(武漢市衛生健康委員会):
http://wjw.wuhan.gov.cn/front/web/showDetail/2020011109035
・武漢市衛生健康委員会からの原因不明肺炎に関する問答(武漢市衛生健康委員会):
http://wjw.wuhan.gov.cn/front/web/showDetail/2020011109036
・中国における新種のコロナウイルスについて(世界保健機関(WHO)Disease Outbreak News):
https://www.who.int/csr/don/12-january-2020-novel-coronavirus-china/en/
・タイで新種コロナウイルスの肺炎が報告
https://www.who.int/thailand/news/detail/13-01-2020-thailand-responding-to-the-novel-coronavirus

 

公開日:2020年01月15日

カテゴリー: 感染症