◆風しん対策の実施率の向上策を公表

【感染症エクスプレス@厚労省】Vol.405(2020年2月7日)

東京オリンピック・パラリンピックで、訪日客の増加が見込まれるため、より多くの方に早急に風しんに対する免疫を獲得していただくことが重要です。
風しん対策(第5期定期接種)の実施率を向上させるために、社内で風しん対策の担当者を新たに設けること等の対策の強化を経団連等に依頼しました。また、従業員が1000人以上の大規模事業場に対して、事業場内の風しん対策に関する意向調査も実施します。
感染症対策への意識が高まっている今こそ、風しん対策も進むように皆様の御協力をお願いします。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09247.html

公開日:2020年02月10日

カテゴリー: 感染症