No.15024 仕出し弁当が原因となった食中毒事例

[ 概要報告 ] 分野名:ウイルス性食中毒

衛研名:山梨県衛生環境研究所

登録日:2016/05/17

最終更新日:2016/05/17

事例発生日:2015年1月15日~2015年1月18日

事例終息日:

キーワード:ノロウイルス、仕出し弁当、食中毒

原因物質:ノロウイルスGII

患者被害報告数:102名

死亡者数:0名

発生地域:山梨県の複数の市町

概要:
山梨県内の弁当製造施設で1月14日、15日の両日に製造された仕出し弁当を喫食した289名のうち102名が嘔吐、下痢等の胃腸炎症状を発症した。管轄保健所は共通食が当該施設で調整された弁当に限られること、調理従事者(盛付け担当)と発症者の便からノロウイルスGIIが検出されたこと、発症者の症状と潜伏時間がノロウイルスの特徴と一致すること、医師から食中毒患者届出票が提出されたことから、本件を食中毒と断定し、病因物質をノロウイルスGII決定し、当該施設を1月18日から営業禁止処分とした。(解除は1月27日)